商品情報にスキップ
1 7

Rollable Rambling

Rollable Rambling

通常価格 $58.00 USD
通常価格 セール価格 $58.00 USD
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

Artist: Koen Taselaar

Publisher: Jap Sam Books

152 pages / 24 x 32 cm / softcover / Japanese binding

Made possible with the generous support of the Mondriaan Fund and Stichting Stokroos. Koen Taselaar. Rollable Ramblings is the first comprehensive publication on the textile work of Koen Taselaar (Rotterdam, 1986). The majority of Rollable Ramblings comprises reproductions of his tapestries, and zoom-ins on them. This visual component is complemented with essays shedding light on the works, and on the history of textile art in general, written by art critic Katalin Herzog. Special edition made in collaboration with the Textiellab, the professional workshop of the Textiel Museum. The work of Koen Taselaar is a unique universe in which only he determines the rules. He makes skillful drawings, but also clumsy ceramics and elaborate Tapestries. Taselaar’s visual language emerged from the grey area in which text is not only meaning but also form. He expresses this in drawn puns, imaginary record sleeves or large psychedelic paintings. In search of ways to process his diverse output, he makes publications and large scale drawings, which function as flat exhibition spaces. Taselaar is continuously working to further develop his wide scope, for example by learning new techniques in several residencies. Taselaar was nominated for de Volkskrant Beeldende Kunstprijs and has exhibited a.o. at Museum Boijmans van Beuningen Museum in Rotterdam, MMCA Changdong in Seoul, Kunstmuseum The Hague, Centraal Museum Utrecht and The State Hermitage Museum in St Petersburg.

ー Jap Sam Books

『Rollable Ramblings』は、Koen Taselaar(ロッテルダム、1986年生まれ)のテキスタイル作品に関する初の総合的な出版物。モンドリアン基金とStichting Stokroosの寛大な支援により実現された。『Rollable Ramblings』は、Koen Taselaarのタペストリー作品とそれら作品を拡大した画像で構成されている。この視覚的な要素に加え、美術批評家Katalin Herzogによる、本作品とテキスタイル・アートの歴史全般にスポットライトを当てるエッセイが掲載されている。さらに、TextielMuseumの専門工房Textiellabとのコラボレーションによる特別版になっている。Koen Taselaarの作品は、彼だけがルールを決める独特の世界である。彼は巧みなドローイングを描くが、不器用な陶器や精巧なタペストリーも作る。Koen Taselaarの視覚言語は、意味や形式といったテキストにされるものでなく、グレーゾーンから生まれた。ダジャレや想像上のレコード・スリーブ、サイケデリックな大作絵画で表現している。その多様なアウトプットを処理する方法を求めて、出版物や大規模なドローイングを制作し、それらは平面的な展示スペースとして機能している。Koen Taselaarは、いくつかのレジデンスで新しいテクニックを学ぶなど、その幅広い領域をさらに発展させるために絶えず努力している。ロッテルダムのボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館、ソウルのMMCA Changdong、ハーグ美術館、ユトレヒト中央美術館、サンクトペテルブルクの国立エルミタージュ美術館などでエキシビションを開催し、Volkskrant Beeldende Kunstprijs(オランダの若いアーティストに授与される名誉ある賞与)にノミネートされた。

ー Jap Sam Booksより

デザインはTeam Thursdayによる。

ジャパニーズバインディング、裏面にも印刷されている。

詳細を表示する