商品情報にスキップ
1 5

It Takes a Village

It Takes a Village

通常価格 ¥3,500 JPY
通常価格 セール価格 ¥3,500 JPY
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

Artist: Jeremy Lawson

Publisher: Perimeter Editions

40 pages / 21 x 27 cm / softcover

I'm fascinated by the way in which we create archetypes in order to serve a purpose, only for them to take on lives of their own, like Frankenstein’s Monster. It's generally accepted that there were conspiracies underpinning a series of political assassinations in the 1960s that fundamentally changed the trajectory of global politics in an oligarchical direction. Such conspiracies were fictionalised through the creation of the lone gunman myth – the shooter who has no clear motive other than their social alienation. This only served to convince a public all too aware of its own alienation, which has since accelerated to a point in which that same public now produces actual lone gunmen on an industrial scale. The title of this series, It takes a village, was cribbed from Hillary Clinton's 1996 children's book of the same name, whose title was said to have been borrowed from vaguely cited African or Native American proverbs about society’s obligations in the raising of children. Clinton’s book was written during the most extreme period of the privatisation of the public sphere in the modern era, a process that only accelerated the conditions for social breakdown. I drew every picture of Lee Harvey Oswald available on a Google Images except for that of his murder. He existed as a person in the public eye for three days. These twenty-six drawings are a selection of them.

ー Jeremy Lawson

Jeremy Lawson (b. 1980, Warren, PA) is an artist living and working in New York City. He received a BFA from Syracuse University in 2003, and an MFA from Hunter College in 2021. Most recently, his work has been exhibited at CFHILL, Stockholm (2022); Harper’s, New York (2022); Hauser & Wirth, New York (2021); studio e gallery, Seattle (2021); and Kristen Lorello, New York (2019). Chiefly using painting as a medium, his work skirts the conflict between desire and obligation.

ー Perimeter Editions

私は、ある目的を果たすためのアーキタイプを作成し、そのアーキタイプが独自の生命を持つというようなフランケンシュタインのやり方に魅了されています。1960年代に起こった一連の政治的暗殺事件には、陰謀論があり、それが世界政治の軌道を寡頭政治的な方向に根本的に変えたと一般的に認識されています。このような陰謀論は、社会的疎外感以外に明確な動機のない単独犯という神話を作り出すことによって、フィクションとして扱われるようになリました。この神話は、自分たちが疎外されていることをあまりにも自覚している世間を納得させるのに役立ち、その後、実際のローンガンマンを産業規模で生産するまでに加速させています。本書『It takes a village』は、ヒラリー・クリントンが1996年に出版した同名の児童書から引用したもので、そのタイトルは、子育てにおける社会の義務について漠然とアフリカやネイティブ・アメリカンの諺から引用したと言われています。クリントンの著書は、現代社会において公共圏の私物化が顕著に行われた最も極端な時期に書かれたもので、このプロセスは社会の崩壊の条件を加速させただけと、現代では指摘されています。私は、殺人事件の写真以外のグーグル画像で入手できるリー・ハーヴェイ・オズワルド(アメリカ合衆国ケネディ大統領暗殺事件の実行犯とされている人物)を模写した。彼は3日間(逮捕から2日後にジャック・レオン・ルビーに射殺された)、世間の注目を浴びる人間として存在した。この26枚のドローイングは、その中から選んだものです。」ー Jeremy Lawson

Jeremy Lawson

ニューヨークを拠点に活動するアーティスト。2003年にシラキュース大学で美術学士号を、2021年にハンターカレッジで修士号を取得。最近では、CFHILL(ストックホルム)(2022)、Harper's(ニューヨーク)(2022)、Hauser & Wirth(ニューヨーク)(2021)、studio e gallery(シアトル)(2021)、Kristen Lorello(ニューヨーク)(2019)でエキシビジョンを開催。主に絵画を媒体とし、欲望と義務の間の葛藤をかいま見るような作品を制作している。

ー Perimeter Editionsより

詳細を表示する