商品情報にスキップ
1 5

Flowers & All We Do

Flowers & All We Do

通常価格 $10.00 USD
通常価格 セール価格 $10.00 USD
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

Artist: Johanna Tagada Hoffbeck

Publisher: Nieves

24 pages / 14 x 20 cm / zine

Johanna Tagada Hoffbeck's practice is built upon a commitment to extending art into daily life and, likewise, to incorporating everyday life into artistic practice. As an artist who gardens and an Ikebana student, Johanna enjoys caring, gazing, arranging and learning about flowers throughout all seasons. For the past years, she has created monochromatic works on paper, combining painting, collage and drawing techniques. A small selection of these have previously been published in The Plant Magazine and Journal du Thé. Flowers & All We Do is a collection of these artworks with many new pieces. The zine also featured a poem of the same title, written by the artist.

Johanna Tagada Hoffbeck (b.1990, Strasbourg, France) is a painter and interdisciplinary artist based in rural Oxfordshire (UK). Her practice, composed of painting, drawing, installation, sculpture, film, photography and writing, often conceals ecological messages rendered in soft and delicate methods. In several of the artist's projects, interaction with the environment and others plays a central role. Exhibitions include Contemporary Sculpture Fulmer (UK - 2023), Do Not Step on the Flowowos (Camden Art Centre, UK - 2023), Dreaming About Tomorrow (Nidi Gallery, JP - 2022) and Caring & Tender (Terrace Square Photo, JP - 2022). In 2014, Johanna founded the positive and collaborative cultural project Poetic Pastel. In 2018, the artist co-founded the publication series Journal du Thé – Contemporary Tea Culture and in 2021 The Gardening Drawing Club.

ー Nieves

Johanna Tagada Hoffbeckの活動は、芸術を日常生活に広げ、同様に日常生活を芸術的実践に取り入れるというコミットメントの上に成り立っている。ガーデニングをするアーティストであり、生け花の生徒でもある。四季折々の花を手入れし、眺め、生け、学ぶことを楽しんでいる。ここ数年、絵画、コラージュ、ドローイングの技法を組み合わせたモノクロームの作品を紙に描いている。これらの作品の一部は、過去に『The Plant Magazine』と『Journal du Thé』に掲載された。Flowers & All We Do』は、これらの作品に多くの新作を加えたコレクションである。このZINEには、アーティストが書いた同タイトルの詩も掲載されている。

Johanna Tagada Hoffbeck(1990年フランス、ストラスブール生まれ)は、オックスフォードシャー(英国)を拠点に活動する画家であり、多くの分野にまたがるアーティストである。ペインティング、ドローイング、インスタレーション、彫刻、映像、写真、文章で構成される彼女の作品には、エコロジー的なメッセージがソフトで繊細な手法で表現されていることが多い。アーティストのいくつかのプロジェクトでは、環境や他者との相互作用が中心的な役割を果たしている。展覧会には、Contemporary Sculpture Fulmer(イギリス - 2023年)、Do Not Step on the Flowowos(カムデンアートセンター、イギリス - 2023年)、Dreaming About Tomorrow(ニディギャラリー、日本 - 2022年)、Caring & Tender(テラススクエアフォト、日本 - 2022年)などがある。2014年、Johannaは、ポジティブでコラボレーティブな文化プロジェクト「ポエティック・パステル」を設立。2018年には出版シリーズ「Journal du Thé - Contemporary Tea Culture」を、2021年には「The Gardening Drawing Club」を共同設立した。

ー Nievesより

詳細を表示する