商品情報にスキップ
1 5

Bloom & Doom

Bloom & Doom

通常価格 $8.00 USD
通常価格 セール価格 $8.00 USD
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

Artist: Murat Cem Mengüç

Publisher: Bored Wolves

16 pages / 14 x 20 cm / edition 300 / zine

Zine of ink drawings by Murat Cem Mengüç prompted by parallels between the Late Devonian mass extinction and our own accelerating Traumacene, a premeditated ecocide.

“I once volunteered at an institution called a national museum of natural history, at an exhibition titled Deep Time, which explored major extinctions in deep history.

Of all the extinctions highlighted, I was most fascinated by the Late Devonian. Like the current Anthropocene extinction, the Late Devonian was hastened by a living organism when rampant algal blooms suffocated the oceans, driving up to 80% of the Earth’s living organisms extinct. The algae itself died at grand scale, but not to the point of extinction, while the dead of the Late Devonian, primarily the algae, became the fossil fuels on which industrialized society so readily depends.

Like the algae, scientists predict the organism which is causing the current extinction, human beings, will die off at epic scale but will not become extinct. Humans, the scientists argue, are too populous, inhabit too great a diversity of ecologies, and are too adaptable to disappear completely.

Unlike the algae, we are also self-conscious beings and this makes the current extinction a self-conscious disappearance. Probably for the first time in deep history, life will vanish across our planet while the organism responsible for the erasure will keep a record of it.” — Murat Cem Mengüç

— Bored Wolves

本書Murat Cem Mengüçによるインク画の Zineは、デボン紀後期の大量絶滅、加速するTraumacene、現代におけるエコサイド(生態系破壊)の間を行き来した仮想的世界を描く。

「わたしは、国立自然史博物館で、歴史の深層部に触れた、主な絶滅種を探求するエキシビジョン『ディープ・タイム』のボランティアをしたことがある。


今回展示された絶滅種の中でも、わたしは、デボン紀後期に最も魅了された。現在の人新世の生物多様性の喪失のように、デボン紀後期は、藻類の超大発生が海を窒息させ、地球上の生物の80%を絶滅に追いやったと言われている。その一方で、藻類を中心とするデボン紀後期の生物の死滅は、現代の化石燃料となり、工業化社会が容易に依存している。藻類と同様、現在の生物多様性の喪失の原因となっている人類も、壮大なスケールで死滅するだろうか?絶滅することはないだろうと科学者たちは予測する。科学者たちは、人間はあまりにも人口が多く、あまりにも多様な生態系に生息しており、完全に消滅するには適応能力が高すぎると主張している。

藻類と違って、人間は自意識的な存在であり、つまり、現代における絶滅は自意識の消滅ということになる。おそらく歴史の中で初めて、生命の絶滅に関与した生物が、地球上で生命が消滅する記録を残すことになるでしょう。」— Murat Cem Mengüç

— Bored Wolvesより

詳細を表示する