商品情報にスキップ
1 7

Architettura Attenuata

Architettura Attenuata

通常価格 $15.00 USD
通常価格 セール価格 $15.00 USD
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

Artist: Ettore Sottsass

Publisher: Nieves

16 pages / 19.5 x 25.5 cm / softcover

Ettore Sottsass (1917–2007) was an architect and designer, labeled the godfather of Italian design. Born in Austria and based in Milan, Sottsass studied architecture at the Politecnico di Torino in Turin. After spending most of World War II in a concentration camp in Yugoslavia, Sottsass returned to Italy, where he set up his studio.

In 1958, he was hired as a design consultant for the Olivetti company, a position he held for more than 20 years. While there, he produced many designs, including the Elea 9003 computer and the red plastic Valentine portable typewriter. His aim was to produce objects that went beyond typical consumerist products.

As Sottsass distanced himself from pure functionalism, he started experimenting with designs that had social and historical components. During this time, Sottsass became a leading figure in the Radical-Design movement. In 1981, Sottsass led a group of designers who came to be known as the Memphis group. This group experimented with colors and materials, creating multifunctional pieces and breaking with convention. Their new materials included neon, unusual finishes, and patterned plastic laminates. After Memphis, Sottsass continued to produce provocative work, constantly challenging the accepted practices of the day. He also established the architectural firm Sottsass Associati, with the aim of producing large-scale designs.

Sottsass’s work has been the subject of retrospective exhibitions at the Centre Pompidou in Paris, the Los Angeles County Museum of Art, and the Design Museum in London, among others. His numerous awards included the title of Office of the Ordre des Arts et des Lettres of the French Republic in 1992, an honorary degree from the Rhode Island School of Design in 1993 an Honorary Doctor of the Royal College of Art in London in 1996, an Oribe Award in Japan in 1997, and a Sir Misha Black Award in 1999.

ー Nieves

Ettore Sottsassは、イタリアンデザインのゴッドファーザーと称される建築家、デザイナー。オーストリアに生まれ、ミラノを拠点に活動。トリノのトリノ工科大学で建築を学ぶ。第二次世界大戦の大半をユーゴスラビアの強制収容所で過ごした後、イタリアに戻り、アトリエを構えた。

1958年、Olivetti社のデザイン・コンサルタントに採用され、20年以上その職を務めた。その間、エレア9003コンピューターや赤いプラスチックのバレンタイン携帯タイプライターなど、多くのデザインを手がけた。彼が目指したのは、一般的な消費者向け製品を超えたオブジェを生み出すことだった。

純粋な機能主義から距離を置くようになったSottsassは、社会的・歴史的要素を取り入れたデザインを試みるようになる。この時期、Sottsassはラディカル・デザイン運動の中心人物となった。1981年、Sottsassはメンフィス・グループとして知られるようになったデザイナー集団を率いた。このグループは、色や素材を実験的に使い、多機能な作品を作り、慣習を打ち破った。彼らが用いた新素材には、ネオン、珍しい仕上げ、パターン化されたプラスチックラミネートなどがあった。メンフィス以後もSottsassは革新的な作品を発表し続け、当時の常識に挑み続けた。また、建築事務所Sottsass Associati(ソットサス・アソシアティ)を設立し、大規模な設計を行うことを目的とした。

パリのポンピドゥー・センター、ロサンゼルス・カウンティ美術館、ロンドンのデザイン・ミュージアムなどで回顧展が開催されている。1992年にはフランス共和国芸術文化勲章を、1993年にはロードアイランド・スクール・オブ・デザインから名誉学位を、1996年にはロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートから名誉博士号を、1997年には日本で織部賞を、1999年にはサー・ミシャ・ブラック賞を受賞している。

ー Nievesより

詳細を表示する